2020年02月28日

今日の一冊(2月の絵本くらぶより)

今日も竹村にある「あすて」にて、絵本くらぶが開催されました!

今日は次年度の更新に向けて、グループの活動内容についてヒアリングもみんなで受けました。
会の目的を再確認した上で、これからの活動につなげることができそうです♪

さて、そんな今日は、かけあしでの絵本紹介6冊でしたが・・・

どれもこれも面白いけれど・・・

今日の一冊はコチラハート

『でっかいでっかいモヤモヤ袋』

ヴァージニア・アイアンサンド 作
フランク・ロジャース 絵
左近 リベカ 訳
そうえん社 発行



おぉー!見るからにお面白そうですよね!!!

紹介者のかよちゃんが、「うん、でも結構真面目な話っていうか・・」と言いながら読み語ってくれました。

さっきまで落ち着かなかった7歳の男の子もお話にくぎ付けになっていました。

それもそのはず。
小さい時になかなか言葉にできなかったこと、
まだ起こってはいないけれど、こうなったら嫌だって感じる不安などがモヤモヤ袋にいっぱいになってしまうお話です。

大人でもこのモヤモヤが上手く扱えなくて苦労しているくらいだから、小さい人にこれを伝えることができたら、その後の人生にとても役立ってくれることと思います。
かかえきれなくなったモヤモヤ袋を、おばあさんが手伝って解決に向かいます。
その手法も絶妙です!

そうそう!他人の不安を代わりに抱えちゃっているとか、あるよねっ!!って思いました。
そんな他人のものは、その人のところに帰っていってくれたり・・・

最後の最後まで一言も逃さずに絵本の世界に入りこんでしまうような一冊でした本  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場  at 18:27Comments(0)絵本くらぶ

2019年12月02日

今日の一冊

今日もあすてでランチつき絵本くらぶでした!

毎月確実に開催しているにもかかわらず、ブログの更新が追い付いていませんでした・・・

今日の一冊。
『密林一きれいなひょうの話』
工藤 直子 作
和田 誠   絵


今日紹介されたどの絵本も素敵なものばかりでしたが、
これは、表紙とタイトルから受ける印象と中身のギャップが激しかったので、紹介します!

パっと見、密林ハイフンで副題?と思っていまうような、「みつりんいち」がわかりにくかったりして・・
密林の中で一番きれいな豹という意味です。
表紙絵からは、ジャングルで守られなければならない生態系の話題とかそういうことがテーマなのかしら?と思わせるものもあったりします。


ところが、この一冊。とてもポップで可愛らしく、どの年齢でも楽しめるようなそんな物語です。
豹がくしゃみをした瞬間に斑点を落としてしまうというところから、物語が始まります。

豹の斑点をモチーフにした絵本が以前も絵本くらぶで紹介されたことがあります。
主題ではありませんが、神沢利子さんの『フライパンじいさん』にも豹の斑紋がなくなったと勘違いして仰天するというシーンが出てきます。

豹の斑紋って、豹のアイデンティティそのもの!って人がとらえるからでしょうか・・・
その斑紋がなくなったら?と想像する作家さんが何人もいらっしゃるのですね。

落とした斑点を探しに、他の動物たちに出会っていくのですが、
残り少ない斑点もあげるはめになり・・・
最後にあることを機に、きれいな豹になるのですが、そこはネタバレになるので、この辺で!

たくさん対話をして、そして美味しいランチへ~♪
今日のあすてランチはこんなメニューでした!
豹のお話を紹介してくれたけいちゃん自作のルッコラとクレソンの和え物も絶品でした☆彡


まだまだ初参加の方も募集しています~
お気軽にお問合せください!
  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場  at 18:55Comments(0)絵本くらぶ

2019年08月24日

9月の絵本くらぶのご案内

会場を竹村にあるあすてに移して、少しずつ慣れてきた絵本くらぶです。

12時までとしていましたが、結局話が盛り上がって超過することが多く、
今回から13時までお部屋を予約しました。
飲食可能ですので、小さなお子様連れの方は特に軽食などもあるといいかと思います。

☆☆9月の絵本くらぶ☆彡

**2019年9月27日(金)**
   10時~13時(遅刻早退可)
場 所:公益財団法人あすて・ウラナス(←お部屋の名前です)
参加費:無料
※初回参加者のみあすて登録料500円が必要になります。
持ち物:絵本一冊、飲み物など

あすてについてはコチラ

参加者がそろうのを待ちながら、はじめはあすてお掃除ボランティアをしていることが多いです♪  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場  at 11:59Comments(0)絵本くらぶ