2017年03月25日

おやこまつりの落し物

上郷交流館でのおやこまつりは終了しました!

落し物がありましたので、心当たりのある方は
豊田・みよし おやこ劇場
0565-33-2243
(火〜金 10:00〜15:30開局)
まで、ご連絡ください。



  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場 at 15:42コメントをする・見る(0)イベント

2017年03月25日

おやこまつり


おはようございます。
直前のお知らせになってしまいましたが、本日、豊田・みよし おやこ劇場より会員でない方にも参加していただけるイベントがあります!
今日はちょっと…という方は4月2日(日)にもありますので、ぜひいらしてください。

おやこまつり
「おやこ横町はお店がいっぱい」
豊田・みよし おやこ劇場の年に一度のおまつり!各サークルで考えたお店が並びます♪

本日3月25日(土)10:00~13:00頃
場所:上郷交流館 ふれあいホール

4月2日(日)10:00~13:00頃
場所:高橋コミュニティ 大会議室

※売り切れ次第終了なので、お早めにお越しください。

入場料 4歳以上1人100円
金券を買っていただいてお買い物ができます。各店舗10円~100円でお楽しみいただけます。  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場 at 09:43コメントをする・見る(0)イベント

2017年03月10日

映画「耳をすます」上映会

豊田・みよし おやこ劇場から会員外さんにも参加していただけるイベントのお知らせです。
春休み、お子様と一緒に観ていただけます。

映画「みみをすます」上映会
【2005年度教育映像最優秀作品賞受賞】

聾のゆんみと聴導犬サミーが音と出会う旅の物語。「聴く」とは何か、障害ってなんだろうということを問いかけます。

出演:ゆんみ サミー 谷川俊太郎 ロバの音楽座 松本更紗 野々歩
監督:前田和男  
東映株式会社 教育映像部ビデオ作品 46分

日時:3月28日(火) 9:30受付 10:00上映
場所:豊田市福祉センター 41会議室
参加費:一家庭300円(お茶・おやつ付き)

上映会終了後、茶話会をします。
13時までお部屋が利用できますので、お弁当持参でゆっくりしていただいても大丈夫です。

豊田・みよし おやこ劇場では、4月15日(土)に幼児〜小学低学年を対象に、この映画に出演しているロバの音楽座さんのコンサートを観賞します。
ロバの音楽座さんは、この映画にあるように「音は心で聴くもの」ということを感じられるような音楽。映画にもライブのシーンが登場しますよ。

お申し込み・お問い合わせは
豊田・みよし おやこ劇場
0565-33-2243
oyako085@hm10.aitai.ne.jpまで
(火〜金10:00〜15:30開局)






  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場 at 15:48コメントをする・見る(0)例会の事前・事後

2017年02月18日

小学生例会 劇団うりんこ「ぼくはにんじゃのあやし丸」

2月18日(土)は、劇団うりんこさんによる小学生例会「ぼくはにんじゃのあやし丸」でした。

さすがのうりんこさん、担当希望が最多の16サークル!親子合わせると100人越えです(笑)

お茶菓子には手裏剣がいっぱい!



小夜食は忍者づくし!








室内装飾も忍者がいっぱい!







受付にも忍者が潜んでますね(笑)



会場係も子ども達がやります。自分達で考えて声をかけたり案内したり、いきいきと仕事をしていました。




始まりのあいさつも忍者のように登場!





プレゼントはバレンタインの週だったので手作りチョコレート。とってもかわいい♡



交流会も子ども達が仕切ります。入念に打ち合わせをした成果で名司会ぶりだったね☆



千秋楽の一週間前という熟成された劇は、笑いがふんだんに散りばめられた中に、しみじみ考えさせられる内容も芯にあって、みんな惹きつけられていました。
その証拠に、搬出をお手伝いしたい子の多いこと!





馴染みの劇団さんだからか、事前会もしたのもあってか、やっぱり劇が面白かったからか、お友達のように接する子ども達でした(笑)





  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場 at 23:18コメントをする・見る(0)例会

2017年02月11日

ひと組 ながたひとしさん講演会

 2月11日(土)に、中学生以上例会時代横町「地獄八景だぎゃ」(3月18日)の事前会として、ひと組のながたひとしさんををお招きして、講演会を行いました。
 雪がちらつく中、25名の方が参加してくれました(その内、お父さんが2名)。ありがとうございました。

 夫婦がお互いに忙しい中、高学年~中高生あたりの思春期の子とどう関わると親も子も楽しく過ごす事が出来るのか?をテーマに、ながたさんがどんな子育てをしてきたか話して頂きました。

 ながたさんがどんなお父さんに育てられたからはじまり家宝が春画ということまで、本当に沢山の事を話して下さいました。

 子どもが生まれた時から、一人の人として接しよう!幼児語は禁止と夫婦で決め、一緒に子育てしてきたそうです。ただおっぱいだけは、チャレンジしたけど出来なかったと話していました。
 掃除、炊事、洗濯、裁縫、ゴミ出し…やれる事は全部やる!と、うちの旦那さんにも見習って欲しいと思いながら聞いておりました。ただ今の時代、お父さんが家庭で活躍出来る場がなくなってきていると…(確かに!)お父さんの働く姿を見せるといい、DIYなんかみせたら「お父さん、スゴい‼」って思う。それと、お父さんの低い声!ここぞという時の低音は、聞いてくれるよ。とーってもいいアドバイスも話して下さいました。

 ながたさんのお話しの中で、何度も出てきた『会話』という言葉。食事中のテレビもOK!その番組を一緒に見て会話する。クイズ番組もを見て一緒になって答えたり(自分が答えられなかったらチャンネルを変えたり)、テストで間違えたところを、「どこで間違えたんだろうねぇ」と一緒に解いてみたり(そのうち子どもは寝ていたり)、会話は大事!会話は常にしていたと話して下さいました。

 親の欠点や弱さも見せ、出来ない事は意地をはらずに認め、分からないことは子どもに聞いたり、でも人を傷つける事、犯罪は起こさない事、挨拶をする、ゴミを拾うなどの躾もちゃんとしてきましたと、、
 
 そして、子どもに常に寄り添ってあげると、、

 まだまだ沢山、笑いの中にも「うん、うん」と頷ける事がいっぱいの講演会でした。もちろん、演劇のお話しもして下さいました。

 早くアドリブの効いた実はアドリブではない、ひと組さんの時代横町「地獄八景だぎゃ」が今から楽しみです。
 残念ながら、低学年の我が子はわたる事が出来ませんが、思春期になってからのお楽しみにとっておきます。


 啐啄同時(そったくどうじ)、ながたさんの好きな四字熟語です。気になった方は調べてみてください。






  


Posted by 豊田・みよしおやこ劇場 at 23:26コメントをする・見る(0)例会の事前・事後